FC2ブログ

メンデルの法則 03

10月6日 日曜日 

皆さんこんばんは、MBSShinです。

いつも訪問ありがとうございます。

相互リンク募集中です。

コメントもお待ちしてます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

さーぁ今日から佳境に入っていきます。


「分離の法則」です。


「優性の法則」(記事はこちら)を発見してメンデルは次の段階に進みます。


メンデルは、自家受粉(自家受粉とは花粉が同じ花の柱頭につくこと、


それに対し他家受粉とは花粉が他の花の柱頭につくこと、人工的に花粉を付ける場合は「授粉」である)


させて得られたエンドウマメの種子を、さらに翌年蒔まきましたいた。


すると、背の高いエンドウマメがが3、背の低いエンドウマメが1の割合で出現することを発見しました。


これをBeeに当てはめると


mighty shinは、バンドタイプとモスラタイプのミックスの水槽から


無作為にP(「P」(両親=Parent)こちらを参照)を選びF1を孵化させ、


さらにその中からまた無作為に♂♀を選びお互いを掛け合わせ、F2を孵化させました。


孵化した稚エビを見てみるとバンドタイプが3、モスラタイプが1の割合で孵化していました


となります


メンデルはさらに背の高さ以外に、エンドウマメの種子にしわのあるものとないものとか、


複数の形質について同じ実験を行いました。


すると同じように、しわのないものとあるものを交配させ、翌年はしわのないもののみが収穫されました。


この種子をさらに翌年育ててみりと、しわのないものが3、あるものが1の割合になりました。


同様にメンデルは、種子の色が黄色のものと緑色のものを交配させ、同じように繰り返しましたが、


やはり同様の結論が得られました。


ここで書いた3:1の割合で、3代目に背の低いものが1の割合で現れたということは、


2代目にその性質(背が低くなる遺伝子)を受け継がなくてはならなくなります。


2代目で背の高い子しか生まれてこなくても、


実はその性質(背が低くなる遺伝子)は隠されているだけの事と考える自然です。


メンデルは、ここで何らかの形で性質が分離していることを発見しました


(当時は、まだ我々が言う「遺伝子」の発見に至っていません)



さーぁ!こんがらがって来ました。まるで螺旋状の遺伝子のようです。



次回は「独立の法則」です


本日のお気に入り

100600

ピント F1 大きくなってきました。まもなく選別!!


最後までお付き合いありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
よろしければ
スポンサーサイト



プロフィール

mighty shin

Author:mighty shin
岡山の片田舎でbeeに出逢ってドップリはまってます
リンクお待ちしています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
Total Access
Partial
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム