FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作スポンジフィルター

8月10日 土曜日 皆さんこんばんは、MBSShinです。

いつも訪問ありがとうございます。

相互リンク募集中です。

コメントもお待ちしてます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

本日も岡山は暑かった!皆さんの所はいかがでしたか!



今日から私は、


9連休


水槽をイジリ倒せる9連休


ます、初日は「自作スポンジフィルター」を作製します。


使用する材料は、以前紹介したこちら

060401
スポンジです。


これは楽天のポイント消化でゲットしました。
081000

それと、塩ビパイプのエルボとABS樹脂のパイプ

081012

それと、プラストンとキスゴム

こちらを使用します。


まずはABS樹脂パイプをパイプカッターを使用しパイプを切断します。


081001

切断したパイプにはドリルで穴を開けます。

081002

穴を開けたパイプの一方の端部をコルクで栓をします。

081003

コルクは、水質検査用の試験管の栓用のコルクが余っていたので流用しました。

これはパイプに栓をしないと端部からの水の流入があるので、それを阻止し、ドリルで開けた穴から水が確実にスポンジを通りパイプに流入しスポンジにバクテリアを確実に繁殖を促すためです。

081004

これがピタッとはまります。

081005

栓をしたパイプと塩ビパイプを接合します。

ABS樹脂のφ18のパイプと塩ビ管のVU13のパイプの外径はピタリと合うので、奥までしっかり押し込めばOKです。

自作される方がいた場合、押し込みだけだと不安な方は多用途用の接着剤での接合をお勧めしますが、エビちゃんの水槽では使用を控えたほうが良いと思います。

次にスポンジに穴を開けます。


ここで今回のポイント、一手間かけます。

スポンジを加工する場合、そのままだと柔らか過ぎて、切断も削孔も困難です。

作業を容易にするため、スポンジに水を含め飽和状態(イッパイイッパイの状態)にします。


それを冷凍庫で冷凍します。

081006

写真はラップをまいています。

これは、冷凍庫でスポンジを冷凍した場合、冷凍庫の壁面や食材等にくっついて取り出すときにスポンジが破損するのを防止するためです。


それをドリル

081007

又はポンチで抜きます。

081008

こんな具合に空きます。

081010

ここでポイント!


スポンジに空ける穴は貫通させないで下さい。

スポンジ底面にコルクが見えるのを防ぐためです。(見栄えだけ)

081009

穴が開いたスポンジに先ほど組み立てたパイプをねじ込みます。

081011

こんな感じ

081013

次にプラストーンとシリコンチューブを接合

081014

それをパイプの中にIN

081015

水槽壁面に固定するためのキスゴムをインシュロックで固定

081016

チューブ抜け防止のインシュロックも設置



今回もいつもと同じで調子に乗って2個も作っちまいました。

081017

それを、クーラーシステムのリザーブタンクに設置。

081018

なぜここに設置したかは次回に

081020

エアーも順調に出てます。



本日のお気に入り

モチロン『全国えびMAP』

080600

登録はこちから

DIVAさんのブログで



最後までお付き合いありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
よろしければ
スポンサーサイト
プロフィール

mighty shin

Author:mighty shin
岡山の片田舎でbeeに出逢ってドップリはまってます
リンクお待ちしています。

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
検索フォーム
Total Access
Partial
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。